☆★☆★関東に続き、全日本も総合優勝!!学生王者!!これからもさらなる上を目指していきます!!☆★☆★
見せましょう!!学生拳士の底力を!!・・・

※最後に男女それぞれの組演武、三人掛、男女それぞれの団体演武の動画を掲載しています
最後までご覧ください
line_110716684226

令和4年11月6日(日) 於  日本武道館 
編集者より
コロナ禍3回目の全日本学生大会。「ウィズコロナ」の中で、全日本学生連盟の委員たちは模索をし続けています。昨年度に引き続き、全日本学生連盟の委員長は日体大の山本が務めています。この前代未聞の試練の時期に日体大の学生が学連委員長に選出されているというのは、彼等ならこの難局を乗り切ってくれるだろうとの期待の現れだと思います。
今回の大会は、大会テーマにもあるように昨年度に比べ、大きく前進しています。観客については各大学出場拳士の保護者1名のみということではありますが、保護者の方々にもきていただけるようになりました。競技については、「気合あり」でマスクの着用の義務も外されました。そして、関東学生大会に引き続き、高校生拳士を招待し、今回は40名の高校生が大学生の迫力のある演武や立合評価を見学することができました。
編集者(福家)は同日行われた 東京都高等学校少林寺拳法新人大会に顧問として、役員として参加していたために、記事の内容は4年の鈴木敦賀特派員のレポートです。

line_108516709852
line_108579045217


全日本・関東学生少林寺拳法連盟 委員長 山本悟史(日本体育大学)  挨拶(抜粋)
line_108657440894

コロナ禍での全日本学生大会も今大会で三度目となりました。現代社会においてもコロナウイルスとの共生、「ウィズコロナ」の生活が根付いてきたように感じます。(中略)
昨年度、「再興」のテーマのもと第55回少林寺拳法全日本学生大会が開催されました。「再興」とは衰えていたものが勢いを盛り返すこと。また、もう一度盛んにすること。という意味です。そして今大会のテーマは、「継昇」です。昨年の「興り」を次世代へ継いでいくという思いのもと本大会のテーマは「継昇」としました。また、ただ次世代へ継ぐのではなく昨年の勢いを増して、さらなる活気を得た大学少林寺拳法を未来に繋げるという意味を込め「昇る」という漢字を充てることにしました。
これまで先輩方が繋いでくれたバトンをこれまで以上に勢いをつけ、英気を増して、次世代へと繋いでいきましょう!!


いよいよ競技が始まります!!
line_108631793758
line_108883360581
line_108748074800
line_108690302196
line_108769408394
line_108804867560
line_108831850581
line_108712201102

大会成績
男子三段以上の部
1位
大西千匡 (4年)
合田仁一郎(4年)
3位
村社光翼(3年)
川空人(2年)

女子三段以上の部
2位
鈴木敦賀 (4年)
立元日香里(3年)

男女二段以上の部
3位
盒怯Φ(3年)
志村美空(3年)

男子二段の部
1位
田村幸翼(4年)
中泉蓮 (2年)
4位
伊藤祐真(4年)
門脇功和(3年)

男子初段の部
1位
青柳颯馬(4年)
赤隼人(1年)

三人掛けの部
1位
谷龍一 (3年)
前田琉彗(2年)
三谷聡伸(2年)
2位
山本悟史(4年)
山口輝 (3年)
那須心星(3年)

単独有段の部
3位 福島隆太 (4年)

単独白緑の部
3位 本郷祥千 (1年)

団体の部
1位 日本体育大学A
2位 日本体育大学B

女子団体の部
1位 日本体育大学

立合評価法 重量級
2位 谷龍一 (3年)

男子総合 日本体育大学 1位
女子総合日本体育大学 3位
総合優勝 日本体育大学


全てが終わり閉会式
line_108602907456
line_108949156467
line_108972173446
line_108997241623
line_109064591571
line_109044750112
line_109028379852
line_109131688237


そして・・次期 全日本学生連盟 委員長候補  日体大 谷 龍一 の挨拶!!
line_109184212821
line_110102006675


王者 日体大!! 全てが終わり・・解き放たれて!!
line_112461151465
line_113156167507
line_113677264902
line_114935729173
line_115671676100
line_116616387714
line_117109636203
line_117897440474
line_118584382401
line_119440048546
line_120362732035
line_122685317764
line_124066813336


line_111163339383


勝田監督、土屋先輩、小西コーチ、大谷コーチから総括をいただきます!!
line_125394985731
line_128977405105
line_130317642604
line_130726382344


では、・・総合優勝を勝ち取った 日体大少林寺拳法部の迫力のある演武の一部をご覧ください!!

まずは男子三段以上の部 一位! 大西千匡 (4年)・合田仁一郎(4年)組


続いて女子三段以上の部 二位!鈴木敦賀 (4年)・立元日香里(3年)組


次に 三人掛けの部 一位! 谷龍一 (3年)前田琉彗(2年)三谷聡伸(2年)組


次に団体演武の部 一位 日本体育大学A! ちなみに二位も日本体育大学Bでした!!
1、2フィニッシュです!!


そして女子団体演武の部 一位 日本体育大学 



編集後記
よく頑張りました・・。
関東学生大会を総合優勝で終えた後、大学に指導に行ったときに、そこに「慢心」の二文字はありませんでした。
もうすでに全日本学生大会、そして全国大会(オールジャパン)に向いており、部員全員がいただきの「テッペン」を向いていることがわかりました。
そして、前述しましたが、2代連続で日体大が全日本学生連盟委員長を務め、そして時期委員長も日体大の谷 龍一が務める予定です。
自分たちの成績を追うだけでなく、大学少林寺拳法の未来を築くために邁進しております。まさに「学生王者」。我が後輩ながら頼もしい限りです。
この困難な時代だからこそ、日体大が担う役割は少林寺拳法全体にとっても大きなものがあると思います。

四年生を中心に、本当によく頑張りました!!おめでとう!!

全力で邁進している後輩たちのためにOB会も物心両面でのサポートをしていきたいと思います。


ウィズコロナの中で、これから一歩ずつで手探りではありますが、制限が解除されてくると思います。
OB会会員の皆様、先輩方と同じように、青春の全てを少林寺拳法に懸けている後輩たちがいます。
是非その姿を見に来てあげて下さい。宜しくお願い致します。

次回は、オールジャパンの紹介をしたい思います!!
お楽しみに!!

文責 福家