☆★☆★関東新人大会・オール東京に向けて・・運用法講習会!!☆★☆★
1528150222353


編集者より
7月15日にオール東京都大会、そして9月15日は関東学生新人大会があります
いよいよ学生大会では立合評価法が定着し、そのレベルも年々向上してきています
我が日体大も先日の関東学生大会で団体、個人とも上位入賞を果たしているように、そのレベルは確実に上がってきております
6月3日(日)に板橋区上板橋体育館でオール東京都大会 運用法の部 予選会 及び新人大会に向けての運用法講習会が行われました。日体大からもこの予選会にエントリーし、運用法講習会でも1、2年の精鋭が参加いたしました。編集者(福家)はレフリーとして参加いたしました。

1528150224188
1528150223227
1528150223884
1528150222353
1528150222684
1528150222957
1528150221177
1528150220082
1528150219058
1528150219402

1528150218534

講習会でしっかり汗を出し切りました。編集者(福家)も運用法実習とレフリーで学生のような汗をかかせていただきました(笑)
集合写真
1528150220414




○●○●第49回 関東高等学校少林寺拳法大会にOB・現役大集合!!○●○●○
1528677082044

※いつも自分が関わる記事になってしまい申し訳ございません・・
しかしながら、いつもこのブログで言わせていただいてますが・・これだけ大学OB・OGが指導現場で活躍し、後輩、教え子を育て上げて、その教えを受けた後輩、教え子たちが次の少林寺拳法普及の種を蒔いている!!・・そんな大学はほかにはないと思っています。
そんな様子を紹介している記事がOB会 会員の皆さまの日々の「励み」となれば!!と思い、記事を掲載させていただいております
1528674716034


平成30年 6月9日(土)開会式・予選 10日(日)決勝・閉会式
於 千葉県総合スポーツセンター 体育館

1528665335245
1528665324313
1528665316614
1528665311904
1528665356635

1528665369663
優勝杯返還
昨年度優勝校
男子・・千葉県 桜林高校 (8代 土屋先輩、 15代 松田先輩、35代 土屋 指導校)
女子・・東京都 清瀬高校(22代 福家 指導校)

1528665392438

選手宣誓 
桜林高校 松田大輝選手 (松田先輩 ご子息)
1528665428789


1528665432645
1528665474343
1528665528836
1528665554102
1528674624601
1528674675765


この49回大会は、千葉県 桜林高校の男女アベック総合優勝の圧勝で幕を閉じました
1528674741962
1528674774034



1528677082044
この大会に集まったOB・OG
8代  土屋義晴
15代 松田剛幸
22代 福家健司
35代 土屋裕嗣
41代 真鍋健治
46代 鈴木(内川)麻衣子
51代 山岡健太郎

現役 教育実習で引率で参加しました。
4年 諏訪部詠次 (東京 桜丘高校 出身)
4年 田川治緒(千葉 桜林高校 出身)
4年 幾川柚香(埼玉 狭山清陵高校 出身)
4年 上野祐樹(埼玉 城北埼玉高校 出身)

編集者特権で・・
我が清瀬高校も、桜林高校と同点で鎬を削り、女子団体準優勝のほか、出場選手全員入賞と、頑張ってくれました
1528677278050



編集後記
先日行われた関東学生大会では大活躍の日体大ではありましたが、悔しさの多い大会でもありました。大会後に日体大に指導に行った時も、次の大会へ照準を合わせ、汗を流す現役の姿が見られました。私は、学生たちにこう言いました・・「いまの真っ直ぐな向上心を持ち続けていれば、必ず君たちの思っているところに、たどり着くことができるぞ!!」と。
直近ではオール東京都大会で、オールジャパンへの切符を勝ち獲ることが目標となります。そして強化合宿を経て、9月の関東学生新人大会(1、2年生のみエントリー可)と続きます。そして、1年の集大成であり、4年生にとっては4年間の集大成でもある全日本学生大会が11月に控えています。
着実に、そして虎視眈々と地道な稽古を積み上げている日体大少林寺拳法部でありますので、OB会会員の皆さまには、また「励み」となる報告が出来るかと思います。ご期待ください


前述しましたが、全国に大学が数々あれど、現役はもちろんのこと、OB・OGも少林寺拳法の普及に携わり、確実にその普及の輪を広げている大学があるでしょうか
今回の関東高等学校少林寺拳法大会でも、いつものようにミニ同窓会ができました。現役学生も教育実習先の母校の引率で、この大会に参加いたしました。彼らが卒業後、教員となり、また地域道院で指導者となり、その日体大少林寺拳法部での教えを連綿と伝承してくれると確信することができました。
編集者(福家)は現在、全国高体連少林寺拳法専門部 委員長、全国高校連盟の理事長の大役を仰せつかっております。高校生、大学生が青春を掛けている少林寺拳法をしっかりと普及発展させることが私の使命であると覚悟しております。
高校生・大学生が全力で、自分の持てるすべてを少林寺拳法に掛けている姿を目の当たりにして、その思いを新たにすることが出来ました。

文責 福家