日本体育大学少林寺拳法部OB会

日本体育大学少林寺拳法部OB会・現役の活動をお知らせします

2021年07月

☆★☆★オールジャパンに繋がる東京都競技会!!・・前をむいて!☆★☆★
line_1021802604249690
line_1021810033822031
line_1021801196545368


編集者より
オリンピックが開幕し、日本人選手の健闘の様子が連日伝えられています。しかし、コロナの感染多拡大は止まる事をしらず、連日東京では新規感染者が2000名に迫る勢いです。(7月25 日現在)
そのような状況下ではありますが、少林寺拳法は前を向いて一歩ずつ前進しています。
関東学生大会の実施が見送られ、学生にとっては全国大会に繋がるこの東京都競技会が直近の目標となりました。
拳士が一堂に会しての東京都大会は非常事態宣言下では実施が難しく、全国大会の予選会である「東京都競技会」が実施されました。ラウンドごとの完全入れ替え制で、出場する選手は出場するラウンドの直前に集合し、競技後はすぐに退館をし、ほかの選手との接触しないように徹底し、選手と、役員審判導線も完全に隔離し、健康チェック、消毒作業など徹底して開催されました。

そのような状況でしたので、すべての紹介ができませんが、その様子を紹介します!!
line_1021801493848805
line_1021809148181823
1626926200379
line_1062326365630794
line_1062322022255119
line_1021808356844324
line_1021805432516512
line_1021807252604689
line_1021804609809898

勝田監督も審判を務めていただきました。line_1021803079278180

私は混戦の初・二段の主審を務めました。
20210725_080111
20210725_080154

いつもお世話になっている石間先生も大会役員として奔走されていました。
line_1021803919934325

OBの藤原も競技役員として運営に携わります。
line_1021804259849638

OB・OGも選手として競技会に参加します!!
line_1021803464063388
20210722_123448

他にもOGの参加がありましたが、写真がとれていません・・スイマセン・・。


3Rは立合い評価法も行われました。
line_1061666847640890
line_1047625927869215
line_1047625213463225

大会成績は3年の鈴木敦賀 特派員からの報告です!!
『失礼致します。
こんばんは。
都大会の結果でございます。

男子三四段の部
※2位 天野正輝(1年)川空人(1年)
4位 大西千匡(3年)村社光翼(2年)
5位 安藤龍斗(3年)三谷聡伸(1年)
6位 山川宗輝(4年)那須心星(2年) 
7位合田仁一郎(3年)前田琉彗(1年)

男子初二段の部
※1位 星遼太郎(3年)山口輝(2年)
※2位 田村幸翼(3年)中泉蓮(1年)
7位 伊藤祐真(3年)門脇功和(2年)

女子護身技法の部
※1位 関口彩春(4年)安田遥(4年)
※2位高橋右京(2年)立元日香里(2年)
6位 大浪誌乃(4年)青柳颯馬(3年)

女子三段以上の部
7位 鈴木敦賀(3年)志村美空(2年)


※が全国大会進出者
以上でございます。』
本部職員の秋元も視察にきていたので、ミニ同窓会!!
20210722_124358


オリンピックのボランティアとして学生たちも参加しました!!OBの佐藤貞治先輩の紹介です!!
1627025354375


編集後記
前回も書きましたが、
一歩ずつ、少しずつ前に進んでいます。

大会会場で、高校拳法部出身の選手が、私が会場に入ると何人も挨拶に来てくれました!嬉しかったです。この厳しい状況下でも、少林寺拳法を続けてくれている。
最近会議の中で、少林寺拳法拳士減少が深刻な状況であるとの話題ばかりでしたが、ちゃんと若い拳士、次世代の拳士たちが、懸命に稽古を続けてくれている。嬉しかったです。
あらためて、次世代の拳士のために頑張らねばと思いを強く持ちました。

我々拳士は・・大学生拳士は、コロナなんかに負けません!!



文責 福家

☆★☆★オールジャパンに繋がる東京都大会へ!☆★☆★
20210701_170514

学生のワクチン接種の一回目が終了しました!!
line_666309212148686
line_666308790920769

編集者より
オリンピック開幕まで1カ月を切り、首都圏の感染拡大を受けて「無観客」開催が論議されています。(7月2日現在)感染者の多くは20代、30代が占め、感染の主流となりつつある変異型ウイルスの感染力が、従来株と比較しても非常に強いことが判明してきました。
相変わらず厳しい状況に置かれている学校の部活動ですが、日本のスポーツ界を牽引し、オリンピック選手も多く輩出する日体大は、いち早く学域の大規模接種を取り入れています。少林寺拳法部の学生たちも希望者に対して一回目の接種が終了しました。
そんなニューノーマルな日常の中で、「今できることを」しっかりと積み上げております。

現在は、4月25日(日)に行われるはずだった関東学生大会(演武競技の部)が中止となり、7月22日(木・祝)に行われる予定の東京都大会に向けて稽古をしております。編集者(福家)が指導に行ったこの日は、最初の「通し稽古」の日だったので、演武に共通するポイントを指導しました。

大学のシンボルでもあるライオン像もしっかりとマスクで感染防止です
20210701_170510


外部講師である福家は、防災センターで検温チェックを受けてからの入館になります
20210701_170541

20210701_170546
20210701_170547
20210701_170626


マスク着用、気合無しの練習です・・これが日常になり、慣れてきたことに危機感を覚えます・・私自身が入部した当初、一番先輩方から言われたキーワードは、「気合入れろ!!」でしたから・・
line_669754761967892
line_669754691656903

line_666307599635978
line_666307881471447
line_666308085300613
line_666308558034363
20210701_193733



編集者特権で・・高校生の関東大会を紹介します!!
関東学生大会が中止となる中で、高校生拳士の重要な大会でもある、関東ブロックのインターハイ前哨戦となる関東大会が厳しい条件付きの中で開催されました。

その様子を「福家ブログ」で記事をまとめていますので、ご覧ください!!
https://tokyohighschoolshorinjikempo.hatenablog.com/entry/2021/06/17/092517

編集後記
まだまだ先が見えない状況ではありますが、一歩ずつ、少しずつ前に進んでいます。

出来ないことを嘆くのではなく、今、与えられた状況で何ができるか!
自分を成長させるための試練だと捉えて、いまできることに専心する!それが大切です。

日体大少林寺拳法部の後輩たちは「今できること」に注力し、しっかりと稽古を積み上げております。

我々拳士は・・大学生拳士は、コロナなんかに負けません!!

次回は東京都大会の様子をお伝えします!
お楽しみに!!

文責 福家

↑このページのトップヘ