日本体育大学少林寺拳法部OB会

日本体育大学少林寺拳法部OB会・現役の活動をお知らせします

2017年08月

☆★☆★インターハイ 第4回大会 IN 宮城・塩釜 大成功!☆★☆★
2017 繋がる絆 魅せよう僕らの若い力 〜
〜第44回 全国高等学校少林寺拳法大会〜

1502096198819

今回のインターハイも選手引率として、全国高体連大会役員として、OB・OGが数多く集結いたしました

高校生の頂点を決めるインターハイの様子をお伝えします。

いよいよ少林寺拳法競技の開幕です
平成29年8月4日(金)〜8月7日(月)  於  宮城県塩釜市 塩釜ガス体育館

8月4日(金) 公開練習 大会運営会議 専門委員長会議 審判会議等
5日(土)   開会式 男・女 単独演武  団体演武 予選、組演武 予選競技
6日(日)   男・女 単独演武  団体演武 準決勝 組演武 予選競技
7日(月)   各種目 決勝 閉会式

1502165595784
1502165611990
1502165616698
1502165557321


4日は各会議と公開練習、開会式リハーサルが行われました。
1501804534214
1501804264564


審判団は会議が終わった後、入場行進の練習も行います!生徒も真剣なら、審判も真剣です!
1501833191682


今回のインターハイは東北の復興記念インターハイでもありました
生徒代表の歓迎の挨拶にも「東日本大震災のときに復旧・復興の援助をいただいた恩返しのつもりで頑張ります」との言葉通り、塩釜市を上げて歓迎して頂きました。
1502165590114

毎朝、塩釜市長をはじめ役員の方々が法被を着てお出迎えしていただきました
DSC_0397

お世話になりました。ありがとうございました。
DSC_0393

初日の夜には役員の食事会にも市長が見えられました
DSC_0394


入場行進
1502165648361

開会式
1501893945038

1502165674314


いよいよ競技が始まります
1502165704825
1502165710091

1502165818513


競技の様子は、全国高体連の肖像権の問題もありますので・・競技の全景のみで・・ご容赦ください
1502165799593

1502165742541
1502165749035
1502165780598
1502165716459


準決勝の夜に懇親会が開催され、その進行も32代OB岡澤義晃です
1502013521230
1502013742139

DSC_0409
DSC_0413
DSC_0414

DSC_0416



熱い戦いが終わり・・閉会式
1502165846840



今回の大会に集合したOB・OG・現役を紹介します・・22代目線です
5代  夏川 勉先輩
15代 松田剛幸先輩
17代 勝田真也監督
17代 坂上宣久先輩
22代 福家健司
27代 坂爪一也
29代 夏川伸也
32代 岡澤義晃
34代 人見敏史
35代 土屋裕嗣
38代 上杉嘉紀
41代 眞鍋健治
47代 梅林朱梨
48代 大嶋朋子
48代 藤澤龍之介
49代 松尾裕太

1502278315615
1502278321769

DSC_0407
DSC_0406
DSC_0405
DSC_0404

DSC_0399
DSC_0400
DSC_0401
DSC_0402
DSC_0403

(来ていただいたOB・OGの方で写真を撮れてない方もいらっしゃいます・・失礼いたしました。また、今回のインターハイで関わった卒業生でご紹介が漏れているいる方がいればご一報下さい・・バタバタとしていたものですから・・ご容赦ください。)


編集後記
いつも、いつも学生大会や、高校連盟の話題提供が多くなってしまい申し訳ありません・・
今回のインターハイは、宮城県塩釜市に於いて行われました。
高校生日本一を決めるインターハイに今回も多くの現役、OB・OGが大集合しました!大会に出場する選手の引率として、大会審判として、大会役員として、関係校の応援として15名を超える拳法部関係者が集まりました。
今回のインターハイにおいても、競技以外の部分で立ち居振る舞いが、少林寺拳法拳士らしく素晴らしいものでありました。来賓で臨席された方々から少林寺拳法の大会のきびきびとした所作や、すがすがしい高校生選手に賞賛の声が多く寄せられました。まさに「人づくり」の行としての少林寺拳法の本領発揮の大会であったと思います。そんな少林寺拳法の拳士育成に多くのOB・OGが指導者として携わっています。高校少林寺拳法の原動力になっていると言っても過言ではないと思います。
今回の大会の補助生徒として近隣の塩釜高校の生徒さんが100名ほど手伝っていただきました。
熱気のこもる会場の入り口では、塩釜高校の女子生徒が両手に団扇をもって選手を扇いでくれました。自分たちは汗だくになりながら、選手に声を掛け扇いでくれました。それに象徴されるように、震災から復興した被災地の元気を現すインターハイでありました

これからも現役やOB・OGの「頑張り」の様子を出来る限りお伝えしていきます

追伸
OB会会員の皆さまへ
9月初旬にOB会の会計報告およびOB会費の納入案内が届くと思います。OB会費を納入して頂いた方には下記写真の「日体大OB会記念ボールペン(4色)」を贈らせていただきます!
OB会の趣旨に賛同の上、会費の納入をお願い致します。
DSC_0427
DSC_0426
DSC_0428

文責 福家

☆★☆★2017 少林寺拳法世界大会 IN USA カリフォルニア州 サンマテオ市 日体大大活躍☆★☆★
1502195704677


平成29年7月30日(日) 於 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ近郊 サンマテオ市 イベントセンター
DSC_0207



2017年は少林寺拳法創始70周年になります。その記念すべきメモリアルイヤーに4年に一度の世界大会が、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ市において盛大に行われました。
少林寺拳法世界連合には40か国が加盟していますが、その中で20か国を超える国が参加し、盛大に開催されました。
DSC_0256



東京から10時間、時差が13時間もあるアメリカ、カリフォルニア州へ旅経ちます。
DSC_0041
1501474538633

DSC_0038
DSC_0039

DSC_0040

入国審査の厳しいこと・・。
靴を脱いで、手荷物も隅から隅まで検査され、ハンズアップで回転するレントゲン検査みたいな機械へ通されます。(撮影禁止だったのその写真はありません。)

着いた当日、時差ボケを解消しながら、サンフランシスコ観光です
DSC_0047
DSC_0118
1501293584967
1501293527062
1501474523740

1501421695661
1501474513535
DSC_0108

1501474537907
1501474529973
1501474537620
DSC_0127
DSC_0130

宗教法人 大澤代表と監督(フィッシャーマンズワーフにて)
DSC_0061

夜はステーキでエネルギー補給!!
DSC_0102
1501663416822


大会前日 公開練習(海外はこの日に最終予選会がありました。)
DSC_0154
DSC_0160
DSC_0151
DSC_0159

総裁と監督
DSC_0146

いまは世界連合の要として務めている21代荒井先輩
DSC_0147

監督と荒井先輩と生徒引率で今回の大会に参加した編集者(福家)
DSC_0197



いよいよ大会当日(7月30日(日))
まずは各国の旗手が整列します。DSC_0170

1501431341459
DSC_0173


開会に先立ち本部職員よる演武披露
DSC_0178
DSC_0179

DSC_0177


いよいよ競技開始
1501439164283

DSC_0186
DSC_0187
DSC_0191
DSC_0238
DSC_0239
DSC_0232
DSC_0201
DSC_0202
DSC_0203
DSC_0205
DSC_0208
DSC_0214
DSC_0237
DSC_0239
DSC_0241
DSC_0242




戦い済んで・・ハーフタイムショー
DSC_0245
DSC_0246
DSC_0247
1501454200397
1501454193562


成績発表・表彰式
DSC_0253


次期開催国 日本へ 世界連合旗が渡されました
DSC_0256


大会成績
【OB・OG】
マスターズの部
3位入賞  24代 荒井英俊

有段 男女の部
4位入賞 51代 杉森郁美 

【現役】
一般女子初段の部
優勝 (1年)内山田鈴菜
一般男子初段の部
第2位入賞 (4年)石川広都、(2年)新間那粹
一般女子二段の部
第2位入賞 (3年)幾川柚香、(3年)加来穂夏
一般団体演武の部
第2位入賞 (4年)石井堅悟、白石和馬、鈴木康平、(3年)石井勝教、大谷紘嗣、杉山悠太、田川治緒、(2年)澤田武


世界優勝を目指していた日体大少林寺拳法部としては、悔しい思いが多い大会ではありましたが、大車輪の活躍でありました。

特に団体メンバーは「てっぺん」を獲ることが出来る勢いと実力があっただけに、泣き崩れる学生もいました
屋外に出て、監督からの労いの言葉
1501438030631

1501437985957

表彰式の後は大活躍を祝して 記念撮影会
DSC_0261
DSC_0260
DSC_0259
DSC_0264
1501795409062


編集者(福家)の指導する清瀬高校少林寺拳法部の島津・佐藤組(2016オールジャパン優勝)は5位入賞となりました
DSC_0266


宿舎では自分で買い物をして食事をとりました
1501663430634


翌日はロサンゼルスに移動し、ユニバーサルスタジオ・ハリウッド観光へ
1502093233148

DSC_0283
DSC_0279
DSC_0286
DSC_0293
DSC_0300
DSC_0304

ジュラシックワールドのジェットコースターでびしょ濡れの監督
DSC_0297

DSC_0308
DSC_0311
DSC_0313

ハリウッド映画のスタジオツアー
DSC_0338
DSC_0355
DSC_0364

ハリーポッターは大人気でした
DSC_0376


編集者(福家)と清瀬高校少林寺拳法部はすぐにインターハイに参加するため、帰国の途につきました。
1501602935169

その後、日体大ツアーは カリフォルニアワールドへ
1502093209159
1502093211287
1502093207747


10時間のフライトを経て、成田へ!!
DSC_0041

1502093197780

解団式
1502093200037


後日、学長室へ 大会報告
1502093212992
1502093215629
1502093216398




編集後記
怒涛の世界大会でした!

日体大の日本代表メンバーと、OB・OG、そして明治大学少林寺拳法部の日本代表メンバーを中心とした世界大会代表メンバーツアーに清瀬高校の日本代表メンバーである島津・佐藤組も一緒に同行させていただきました。
13時間の時差の中、世界大会が行われるアメリカ合衆国へ旅立ちました。
今回の世界大会、編集者(福家)は、日本代表となった部員を引率する立場として参加する大会でした。
 
結果的にみると、世界一位を目指した日体大少林寺拳法部メンバーでしたが、上記のように悔しい思いをする結果となりまいした。(十分に大活躍の結果だとおもいますが・・・)
今回の世界大会はインドネシアの大活躍の大会でありました。
インドネシアは初段になるまでに4、5年を掛けて修行を積み上げます。インドネシアの軍隊でも少林寺拳法が採用され、国技として少林寺拳法が行われていると聞きました。インドネシア代表の気迫と身体能力に圧倒されました。
日本発祥の武道である少林寺拳法が40か国に広がり、普及・発展しているのはうれしいことではありますが、やはり本場、発祥国である日本が圧倒していくことが、これからの少林寺拳法発展につながると考えます。

アメリカという世界の中心を担っている国での世界大会遠征、いろいろな場面で刺激を受け、ためになる大会でありました。インドネシア代表の台頭、高校生拳士の活躍、そしてアメリカ文化などなど。グローバルな視野で少林寺拳法の教え、技法の普及・発展が、70周年を迎えた少林寺拳法の要になっていくと感じました。

わが後輩日体大の学生、そしてOB・OGの大活躍!!さすがです。この経験を生かして、全日本学生大会へ繋げていってもらいたいと思います。


すぐに高校生の頂点を決めるインターハイが始まります。
次回は、インターハイに集うOB・OGの特集ができればとおもいます。

文責 福家

↑このページのトップヘ