☆★☆★令和2年!56代幹部・59代新入部員をを紹介します!!☆★☆★
新幹部56代
1604391821286


編集者より
2カ月半ぶりの投稿となり、大変申し訳ありません・・
言い訳させていただくと・・忘れていたわけではなく、このコロナ禍さまざまな活動が制限されている中、投稿してご紹介する記事が思い当たらず現在に至りました。

大変遅れてしまいましたが、新入部員の紹介と、新幹部の紹介をさせて頂きます。


56代新幹部を紹介します
まずは56代主将 石橋から順に・・
line_1287769599487392
名前 石橋 侑己
役職 主将
学部学科 スポーツ文化学部    武道教育学科
出身高校 桜丘高等学校
趣味 情熱大陸をピアノで奏でてテンションを上げる事
抱負 すべてを仕上げる



line_1287772088667755
名前 菊池 光貴
役職 学連兼副主将
学部学科 スポーツ文化学部 スポーツ国際学科
出身高校 聖隷クリストファー高等学校
趣味 映画鑑賞 スニーカー採集
抱負 なんでも頑張る



line_1287774356165619
名前 佐藤 伸
役職 副主将兼主務
学部学科 スポーツ文化学部     
武道教育学科
出身高校 埼玉県立小川高等   
学校
趣味 祖母の車の送り迎えの際に爆音でKING GNUの曲を流すこと
抱負 気持ちよい演武をして引退する


続いて・・59代新入部員8名を紹介します
1604391832711

line_1287737851438654
名前 佐藤功和
学部学科 児童スポーツ教育学部 児童スポーツ教育学科
出身高校 東京都立東大和南高校
段位 初段位
抱負 人として成長し、結果を残したい。


line_1287735443281832

名前 盒怯Φ
学部学科 スポーツ文化学部 武道教育学科
出身高校 千葉私立桜林高等学校
段位 三段位
抱負 技術面、人間性を成長させて行き、全日本で優勝したい。

line_1287733186495739

名前 谷龍一
学部学科 スポーツ文化学部 武道教育学科
出身高校 香川県立坂出商業高等学校
段位 三段位
抱負 技術も筋肉も付けて、心も体も大きい人になりたい。



line_1287731018342354
名前 那須心星
学部学科 スポーツ文化学部 武道教育学科
出身高校 福岡県希望が丘高等学校
段位 三段位
抱負 身心ともに成長し、貢献できる人に近づきたい。



line_1287728880168345
名前 村社光翼
学部学科 スポーツ文化学部武道教育学科
出身高校 宮崎県都城工業高校
段位 三段位
抱負 技術を磨き結果を出したい。



line_1287726732635429
名前 山口輝
学部学科 スポーツ文化学部スポーツ国際学科
出身高校 報徳学園高等学校
段位 ニ段位
抱負 身も心も成長させる。



line_1287724533685898
名前 志村美空
学部学科 スポーツマネジメント学部スポーツライフマネジメント学科
出身高校 福岡県常磐高等学校
段位 三段位
抱負 人として成すべきことを成し、技術をあげたい。


line_1287722217640066
名前 立元日香里
学部学科 スポーツ文化学部武道教育学科
出身高校 宮崎県立都城西高等学校
段位 三段位
抱負 日本一を取ると共に礼儀を身につけたい。


編集後記
例年なら全日本学生大会に向けて、立合評価法の予選会が終わり、日体大の予選通過、活躍を報告をしている頃です・・。そして、私自身も勤務の合間を縫って大学生指導の佳境を迎えている時期です。
しかしながら、今年は、大学への立ち入りがいまだに禁止されており、59代新入部員と会えておりません・・。当たり前のように繰り返され、行えていたことが、いかに幸せだったか!身に沁みて感じる今日この頃です。

しかし、着実に大学生拳士たちは前に進んでいます
制限の中、いまできる稽古をしっかりと誠実に積み上げ、11月8日(日)の全日本学生大会に向けて邁進しております。
ただ、その学生大会も無観客で、時間別で招集、競技が行われ、通常の順位付けは行われず、一定以上の基準に達した選手が表彰されるという、異例づくしの大会となります。

いまのコロナ禍においては、「今、できることを・・確実に積み上げていくこと」しかないように思います。

その大変な時期に日体大は8名の新しい息吹となる59代の新入部員を向かるとことができました
未曾有のこの事態を経験した学生たちは、より強く逞しく成長してくれることをOB会長として確信しております。

次回は、全日本学生大会の様子をお伝えする予定です!!
お楽しみに!!

追伸
新入部員保護者の皆様へ
このコロナ禍で、日体大へ、そして厳しい部活でもある少林寺拳法部へ入部をさせるにあたり、いろいろな不安なこともあったと推察いたします。例年通りの大学生活とは程遠い状況ではありますが、勝田監督の元、厳しくも優しい先輩方に指導を受け、一回りも二回りも成長できると確信しております。ご安心ください。



文責 福家