☆★☆★第55回関東学生大会 〜続〜 ☆★☆★
早稲田大学大活躍・・より高みを目指し・・
1525683468795
1525522945804

平成30年5月4日(金) 於  日本武道館 
DSC_0359
DSC_0360
DSC_0361
DSC_0363


関東学生少林寺拳法連盟 委員長 星野克仁  挨拶(抜粋)
「・・さて、昨年度少林寺拳法は創始70周年を迎えました。この70周年はゴールではなく、あらたなるスタートであり、学生による少林寺拳法も更に発展させて続いていくという意味を込めて、今大会のテーマを「続」といたしました。今年度も参加拳士の皆様の若さとパワーで昨年度同様に引き続き素晴らしい大会を創っていきましょう。」

のちほど大会成績を載せますが、大活躍と言える成績を残しましたが、小森主将が掲げてきた「総合優勝」は叶わず、成績発表の「第一位は・・」のアナウンスのあと読み上げられる大学は、ほとんどの部門が早稲田大学でありました
目標であった総合優勝(松平杯)・OB杯は早稲田大学へ
いつも男女の最高段位の部門は日体大が独占していましたが、この大会では女子優勝は逃してしまいました・・・・今後の課題も多く見つかった大会でもありました


審判会議は朝8時に集合です
1525389753350
1525389632178


まずは参加者全員で整列し、鎮魂行・・
1525405222203
1525392152448
打棒は3年 新間
1525522929116

予選開始です
1525522933948

1525522934662


順当に日体大は予選通過し、午後の本選へ向かいます
1525522927640

今年度より編集者(福家)は全国高校連盟の理事長に就任したため、来賓席からの観戦となりました
1525522931150

1525406402618

本部職員による迫力のある演武披露
1525406389760
1525406392573



いよいよ本選 競技開始です
1525522933269
1525522935387
1525522936760
1525522936053
1525522937479
1525522938876
1525522938185
1525522939579
1525522941002
1525522940562

1525522941368

各大学の応援団も熱が入ります
DSC_0372

DSC_0379


1525522931861
1525522932580

演武本選の後は、立合評価法本選!
1525522941887

DSC_0386
DSC_0388
DSC_0392

大会結果
男子三段以上
第一位 大谷絋嗣(4年)小森勇輝(4年)
第四位 杉山悠太(4年)鶴保太慈(1年)
第五位 澤田 武(3年)木寺悠太(1年)
本選出場 川本響太郎(4年)菊池洸貴(2年)

女子三段以上
第三位 幾川柚香(4年)加来穂夏(4年)

男女二段以上
第五位 望月風歌(3年)関口彩春(1年)
第六位 上野裕樹(4年)内山田鈴菜(2年)
本戦出場 上原茉奈(3年)佐藤 伸(2年)

男子二段
第三位 新間那粹(3年)石橋侑己(2年)
第四位 大重雄基(3年)山川宗輝(1年)

女子二段
第一位 真野礼華(3年)齊藤桃子(1年)

女子初段
第三位 伊藤彩華(1年)安田 遥(1年)

三人掛け
第二位 石井勝教(4年)田川治緒(4年)東凌太郎(4年)

単独段外
出場 下山諒朔(1年) 大浪誌乃(1年)

単独有段
本選出場 諏訪部詠次(4年)

男子団体
第二位
(4年)石井勝教 大谷絋嗣 小森勇輝 田川治緒 東凌太郎
(3年)大重雄基 澤田 武 新間那粹

女子団体
第一位
(4年)幾川柚香 加来穂夏
(3年)上原茉奈 真野礼華 望月風歌
(2年)内山田鈴菜

立合評価法
男子個人
第三位 石橋侑己(2年)

男子団体
第二位 大谷絋嗣(4年)諏訪部詠次(4年)石橋侑己(2年)

女子団体
第三位 加来穂夏(4年)真野礼華(3年)


演武3部門での優勝はさすが、「王者」です そして立合評価法(乱捕)で 男子個人で2年石橋が3位入賞、団体で2位入賞、女子も団体3位は、日体大の立合評価法の底力が上がってきた証明ともなりました

しかし、表彰式では早稲田大学の背中を見る結果となり、多くの部員は悔し涙となりました




通し稽古ですが、男子三段以上の部で優勝した 大谷・小森組の動画をご覧ください





表彰式
1525419105496
DSC_0394
DSC_0395
DSC_0399
DSC_0393

女子三段以上を制したのは、明治大学でした・・清瀬高校少林寺拳法部のOGの田中 綾が優勝し、顧問としては嬉しい気持ちですが・・日体大OB会長としては悔しい気持ちで一杯です・・その日の夜は、説明のつかない感情のまま、酒量が増えてしまいました(笑)
DSC_0402
DSC_0411




今回も多くのOB・OG、先生が現役の応援に駆け付けてくれました!
DSC_0376

DSC_04121525423915705
1525467127291
1525423921209
1525423918764
1525423913719
1525423911197


DSC_0366
DSC_0367

DSC_0382
DSC_0385
DSC_0375

※応援に来ていただいているOB・OG全員の写真が載せることが出来ていません・・申し訳ございません

22代 願成寺 学の息子の航貴君も東京理科大学少林寺拳法部で活躍中ですわざわざ挨拶に来てくれました
DSC_0374




大会が無事盛会に終わり、アリーナでは恒例の東京農大「大根踊り」や各大学で集合写真!
DSC_0403
DSC_0407
DSC_0408
DSC_0410


1525522946500
1525522945110
1525522945804
1525522944409
1525522942526



夏川先輩、土屋先輩、勝田監督 福家より学生たちへ講評
DSC_0416
DSC_0415
DSC_0413
DSC_0418
DSC_0420



・・51回関東学生大会では、故 大屋昭夫先生が講評をしていただきました・・多分、高いところで「よく頑張ったな!・」と学生に語られているのでは・・と感じました。
IMG_0020



編集後記
大会直前の一本通しで、限界まで追い込んで演武をしている学生たちの姿が見られました。今回の大会でも、3部門での優勝!立派だったと思います。さすが王者日体大!だったと思います。
しかし、今回はライバル校である早稲田大学が圧勝の大会でありました。最近の大会では多くの部門で上位入賞者を輩出し、その勢いはとどまることを知りません。有段者の部は日体大が独占していた時代もありましたが、ライバル校、早稲田の活躍は天晴でした。
自分の実力を出し切れなっかった者、実力を出したものの成績が伴わなかった学生もいました。・・今回の大会は「悔し涙」の大会となったようです。彼らの練習を見てきて、まだまだ上のレベルを目指せるだけの実力があると確信しています。これからオール東京、全国大会、全日本学生大会と続いてきます。さらに「高み」を目指し、地道な稽古を積みあげてもらいたいと思います。
大会終了後に小森主将に伝えました。・・「アリーナで、圧勝して、祝勝 記念撮影をしている早稲田のこの風景を、胸に刻み、頑張ってくれ!!」
ここからまたより強くなった日体大を見せてもらいたいものです。私自身も微力ながら、今までの経験を活かし指導、応援をしていきたいと思います。
OB会会員の皆様、先輩方と同じように、青春の全てを少林寺拳法に懸けている後輩たちがいます。是非その姿を見に来てあげて下さい。宜しくお願い致します。

文責 福家