☆★☆★日本武道館鏡開き式に現役・OBが少林寺拳法の代表として☆★☆★

平成23年1月9日(月) 成人の日 
日本武道館において恒例の鏡開き式・武道稽古始めが行われました

閉式 15時20分


少林寺拳法の代表として 本学OBの連盟本部 振興普及部 部長 荒井章士指導員と 田中由喜指導員が模範演武を行い、女子団体演武を現役学生が行いました
演武者礼 14時35分


演武披露1 14時33分
演武披露2 14時34分
他武道の関係者が大勢見ている前で気合いの入った模範演武

団体演武披露114時31分
団体演武披露3 14時32分
学生ではトップの女子部員による演武

4年 中尾美保子 加藤千佳 梅林朱梨
3年 大嶋朋子 佐藤七海
1年 林恵理子


各武道団体の模範演武の後 アリーナで稽古始めが行われました。
稽古始め風景 15時14分
指導中の勝田コーチ 16時35分
勝田コーチも部員に稽古をつけました

編集者より
明けましておめでとうございます。旧年中はOB会活動にご理解・ご協力頂きまして誠にありがとうございます。
現役学生も日体大少林寺拳法部のよき伝統を引き継ぎ、大会においても大変優秀な成績を残しております。OB会としても現役のバックアップができるように、物心両面での応援ができればと考えております。引き続き会員の皆様にご理解・ご協力を頂ければ幸いに存じます。
本年も会員の皆様にとって充実した一年になりますようにお祈り申し上げます。

文責 福家