☆★☆★2018  東京都少林寺拳法大会 IN 東京武道館☆★☆★
1531650462934

平成30年7月15日(日) 於 東京武道館 アリーナ
1531695887118
1531695873090


「2018年私たちが考えること・できること」

「私たちに出来ること」と「今後」のために何ができるか?
2011年3月11日の東日本大震災が忘れられかけた時、2016年4月14日熊本地震が起こりました。ともに我々の住む東京の地からは、離れた場所での自然災害です。そのたびにボランティア、募金・被災地の物品購入等、日本人の連帯感・互助精神といった特質が発揮され、多くの美談がうまれています。
少林寺拳法が、後手必勝の護身術を標榜する由縁は、自らは攻めない(自然破壊を含む)姿勢で、地球に、そこに住む全ての人々に(感謝し受け入れる心構えで)対する事を、日々の技術修練と精神修養、日常生活を通じて、生涯修行をしていくことにほかなりません。
 東日本大震災後、復興にむけた被災地の取り組みと、周りの支援という意味で、「災後」という言葉使われるようになりました。今は、防災準備・意識の涵養について「災前」ということが重要になってきています。
最善(災前)の備えをもって平凡な日常の幸せを追求する、隣人の悲しみは共有し助け合う、創始者の祖国復興にかけた思いは、人のつながり「自他共楽」の理想として今後も実践されていかなければなりません。
2018年少林寺拳法は、次の創始80周年、東京進出70周年に向けて歩みだしております。風化させてはいけないもの、語り継いでいかなくてはならないもの、継承と、発展を誓う節目の東京都大会を全員で成功させましょう
 実行委員会(抜粋)
1531632994856
1531632998148

 今回の大会は、7月に起こった西日本豪雨災害の復興支援の大会として行われました。そして10月に群馬県で行われる全国大会の選考会を兼ねた大会でした。中学・高校連盟、学生連盟、実業団、一般道場全ての拳士が、大分に向けて出場権を獲得するために一堂に会しました

審判会議は朝8時30分より約1時間、入念に行われました。審判団は90名を超える大きな大会です。
1531612350876


まずは「鎮魂行」から
1500203131768

そして出場拳士全員での準備運動・基本稽古です
1500166659560
1500237669246

いよいよ競技の開始です
1531695889050
1531695890222

1531695887693
1531695873574

各コートで日体大の現役・OB・OGが大活躍いたしました
1531695882244
1531695882555
1531695881562

1531695879148
1531695879585
1531695879842
1531695878635
1531695877760
1531695877469
1531695880867

1531695881897
1531695876342

少林寺拳法特有の競技だと思います。親子の部では親子で、演武競技を行います。
1500203139080

この他に、夫婦の部、やマイシードの部(障がいをもった方)などさまざまなカテゴリーがあります。
多くの拳士が 老若男女、様々なレベル・指向で、少林寺拳法の技法を楽しみます。


2ラウンドでは、運用法(防具を着けて相手と自由に攻防し、有効打を争う)のこのコートに立つためには厳しい予選を勝ち抜かなければなりません。気持ちと気持ちのぶつかり合いが見られ迫力のある種目です
編集者(福家)は演武競技の主審3ラウンドののほかに男子運用法レフリーを務めさせていただきました
1531695871722
1531695872470

1531695889915

1531695876707
1531695876992

今回の男子運用法で見事に一位になった 2年 石橋
1531695872143


最後は必ずお互いに健闘を称え合います。
1500203205949


デモンストレーションも大いに会場が盛り上がります
まずは東京錫杖研究会による錫杖演武披露
1531645034437

DSC_0585
DSC_0588

1531695885759

つぎに富士見丘高校の書道部による書道デモンストレーション
1531695885520

1531695885001
1531695885274


OBも応援に駆け付けてくれました!!
1531695887940
1531695882807


スタッフとしても大会を支えます
1531695888680
1531695889334


大会の合間に・・
1531695888198



成績発表・表彰式
1531640842799
1531650463881
1531650464187

1531640388513
1531695874909
1531695875124



●○●日体大関係成績一覧○●○●
OB・OG
男子四段の部
第1位
小西遼(53代)

男子マスターズAの部
第2位
荒井英俊 (24代)

男女有段の部
第2位
羽生智彦 (51代)
第6位
杉森郁美 (51代)

現役
男子運用法の部
第1位
石橋侑己(2年)

大学生男子の部
第2位
田川治緒(4年) 東 凌太郎(4年)

出場
上野裕樹(4年) 上原茉奈(3年)川本響太郎(4年) 菊池光貴(2年)
新間那粹(3年) 石橋侑己(2年)
望月風歌(3年) 関口彩春(1年)

大学生女子の部
第2位
幾川柚香(4年) 加来穂夏(4年)
第4位
伊藤彩華(1年) 安田遥(1年)

大学生団体の部
第2位
石井勝教(4年) 杉山悠太(4年) 大重雄基(3年) 澤田武(3年)
佐藤伸(2年) 木寺悠太(1年)
鶴保太慈(1年) 山川宗輝(1年)

女子運用法の部
出場 真野礼華(3年)

大会が終わり・・
1531695875406
1531695883843
1531695883416
1531695883112
1531695884121
1531695884456

開放感・・日体生はすぐに身体を見せたがります(笑)
1531695875666
1531695876022


編集者(福家)は全国高校連盟理事長としてひな壇で観させていただきました・・すべてのラウンドの審判でもあったので、ほとんど座ってませんが(笑)
1531645035149
1531645045477


お疲れ様!・・故 大屋先生が楽しみにしていた大会後の反省会もしっかりと同じ店、同じ席で行われました
DSC_0590
DSC_0593

編集者特権で・・
清瀬高校少林寺拳法部を卒業し、現在 中央大学少林寺拳法部4年 統制長 大巾と
DSC_0589


編集後記
 今回の東京都大会も、1500名ほどの出場選手が一堂に会し、観客席の入場券もすぐに完売の状況でありました。少子化が叫ばれる中、小学校入学前の子どもたちから中学生まで、年少部が多く参加し、気合の入った演武をしている姿は、これからの少林寺拳法には明るい将来があると確信いたしました。
 今回の大会は、審判規定(跳び受け身の観点の大きな改訂)の改訂もあり、ルールとの戦いでもありました。そんな中で、多くのメンバーが全国大会の切符を手にすることができました。よく頑張りました。
 しかし、課題を見つけることができた大会でもありました。ほかの学生にも言えることですが、基本動作の足捌きや、身体全体での突き、蹴り、受け、投げる力が少し落ちてきているように思えます。地道な基本稽古をしっかりと積み重ねて、王者日体大の伝統を継続していってもらいたいと思います。そして、持てる力をしっかりと本番に合わせて出し切れることが本当の強い選手といえます。10月末のオールジャパン、そしてすぐに4年生の集大成である、全日本学生大会が11月初旬にあります。これらの大会に向けて9月初旬にある夏季強化合宿をしっかりと乗り越えてもらいたいと思います。
 また、最近卒業した若いOB・OGが、忙しい仕事の合間に時間を作り、練習を行い大会出場をしています。仕事と競技の両立には、強い精神力が必要だと思いますが、細くてもいいので、長く少林寺拳法を続けてもらいたいものです。生涯の修行として少林寺拳法を続けていくことがOB・OGたちの人生にとって財産になると確信しています。


文責 福家